施工実績

  • HOME
  • 施工実績
  • 大阪府東大阪市にて雨漏り修理工事、屋根のカバー工法

大阪府東大阪市にて雨漏り修理工事、屋根のカバー工法

  

Y’noT Worksノットワークス 代表の西田です。

  

簡単なプロフィール
  • 19歳から職人として修行し、建築歴は18年以上。
  • 「雨漏り鑑定士」という有資格者。
  • 携わってきた雨漏り修理件数は1000件以上。
  • 奈良県香芝市に20年以上在住。
  • 座右の銘 カッコよく生きろ。

  

今回の施工事例は雨漏り修理による、屋根カバー工法です。

  

   

施工前の状態 ↑

   

軒先のほうから水を吸い上げ雨漏りしておりました。

   

粘着性の防水シートはり ↑

  

既存の屋根材をめくらず、カバー工法します。

粘着性のある防水シートを貼り、その上に新しく屋根材を施工します。

  

屋根カバー工法の最大のメリットコストダウンです。

  • 人件費削減
  • 工期短縮
  • 産廃処分費

  

既存の屋根材をめくらないので上記のコストが削減できます。

  

デメリットとして

  • 屋根の比重が増えるため、耐震効果が薄れる。
  • アスベストが気になるかたは気になられる。(飛散することはない)
  • 下地調整ができないため、屋根の通りが波打つ可能性がある。
  • 腐っている木下地交換ができない。

などが挙げられます。

  

  

今回はお客様のご要望により、カバー工法となりました。

  

  

  

MFシルキー ↑

MFシルキーG2という材料を施工します。

裏面にウレタンの断熱材が処理されているため、お部屋の断熱効果を高めてくれます。

「3階、もしくは2階の部屋が涼しくなった。」

というお客様の声をいただいております。

  

オススメ商品になります。

  

ビスを使用して屋根材料をしっかり固定。↑

  

台風による強風でも屋根材が飛ばないように施工します。

  

完成写真↑

  

施工完了です。

キレイに仕上がりました。

これで雨漏りすることはありません。

  

ご不明な点、気になる事などがありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

  

このたびは工事のご依頼をいただき、誠にありがとうございます!

大阪府東大阪市にて雨漏り修理工事、屋根のカバー工法

施工実績一覧に戻る

関連記事一覧