施工実績

奈良県三郷町にて雨漏り修理、屋根カバー工事

 

Y’noT Worksノットワークス 代表の西田です。

 

簡単なプロフィール

  • 19歳から職人として修行し、建築歴は18年以上。
  • 「雨漏り鑑定士」という有資格者。
  • 携わってきた雨漏り修理件数は1000件以上。
  • 奈良県香芝市に20年以上在住。
  • 座右の銘 カッコよく生きろ。

  

   

  

今回の施工事例は奈良県三郷町にて雨漏り修理工事です。

瓦屋根にカバー工法でガルバリウム鋼板の波板を施工しました。

  

この工法の最大のメリットは「コストダウン」です。

瓦をめくる手間や屋根の木下地施工費、産廃処分費を削ることができます。

  

しかしデメリットもあります。

それは屋根が波打ち、既存の瓦がガタガタであればあるほど仕上がりに影響がでます。

  

「見た目は気にしないからとにかく雨漏りを止めて!」

  

という人向けの施工になります。

物置小屋や離れや、外から見えない建物に適しているかもしれません。

  

  

瓦の上に木下地を施工

  

  

施工前の状態です。↑

  

瓦の上に木下地を施工していきます。

  

  

既存の垂木(屋根の躯体)に長いビスを使って木下地を固定します。↑

  

   

このように瓦屋根全体に木下地を施工します。

木下地の次は屋根材の施工をおこないます。

  

  

板金の屋根材 ボトムフラットの施工

  

  

こちらの屋根材は「ボトムフラット」と呼ばれる板金の屋根材になります。↑

  

板金の厚みが0.5 mmあるため、丈夫です。

  

  

瓦の棟を板金でつつみ、パッキンつきのビスで固定して完成です。 ↑

   

  

今回の施工事例は雨漏りの修理工事で瓦屋根の上に木下地をして、その上に板金の屋根材の施工をおこないました。

    

デメリット

  • 既存の瓦の状況によりガタガタになる。
  • 見栄えはあまりよくない。
  • できる屋根とできない屋根がある。

   

メリット

  • コストダウンできる。
  • 工期が短縮できる。
  • 厚みのある屋根材を使用するため丈夫。

   

  

ご不明な点などがありましたら、どうぞお問合せ下さい。

  

  

このたびは工事のご依頼をいただき、誠にありがとうございます。

奈良県三郷町にて雨漏り修理、屋根カバー工事

施工実績一覧に戻る

関連記事一覧