施工実績

  • HOME
  • 施工実績
  • 大阪府羽曳野市にて屋根カバー工法、ガルバリウム鋼板のタテヒラを施工

大阪府羽曳野市にて屋根カバー工法、ガルバリウム鋼板のタテヒラを施工

Y’noT Worksノットワークス 代表の西田です。

  

  

簡単なプロフィール

  • 19歳から職人として修行し、建築歴は18年以上。
  • 「雨漏り鑑定士」という有資格者。
  • 携わってきた雨漏り修理件数は1000件以上。
  • 奈良県香芝市に20年以上在住。
  • 座右の銘 カッコよく生きろ。

  

  

今回の施工実績は大阪府羽曳野市にて瓦棒屋根のカバー工法

タテヒラぶきの施工になります。

  

  

既存の屋根は瓦棒と呼ばれるものです。

経年劣化により錆びてしまい、雨漏りしていました。

  
  

穴が空いています。↑
施工前の状態↑
施工前の状態↑

  

  

このままでは屋根の施工はできません。

瓦棒屋根の場合の施工方法として2パターンあります。

  

  

①既存の屋根材をめくり、新しく木下地をし直してから屋根材を施工

②既存の屋根材の上に新しく木下地を施工し、その上に屋根材を施工

  

  

どちらかになるので、それぞれのメリット、デメリットを解説します。

  

  

瓦棒屋根のカバー工法と屋根葺き替えのメリット、デメリットについて。

  

  

パターン①のメリット

  • 木下地の調整がおこなえるため、キレイに仕上がる。
  • 既存の屋根をめくるため、屋根への負担が軽くなる。

パターン①のデメリット

  • 産廃処分費や人件費のコストが掛かる。
  • 工期が延びる。

  

  

次はパターン②の場合です。

  

  

パターン②のメリット

  • 産廃処分費、人件費を削減できるためコストダウンできる
  • 工期が短縮できる。

  

パターン②のデメリット

  • 既存屋根材の上に屋根材を施工するため屋根への比重が掛かる。
  • 木下地の調整がおこないにくいため、屋根がうねりやすい。

  

あくまで瓦棒屋根の場合にかぎります。

  

  

それぞれメリット、デメリットがあります。

今回の施工実績はパターン②です。

私のオススメもパターン②になります。

  

  

お客様とヒアリングした結果、お客様のご要望に1番良い方法と思ったからです。

  

次から実際の施工に移ります。

  

  

屋根木下地の施工

 

瓦棒のキャップの部分に寸三という材木を添わせ、ビスで固定します。↑

   

  

寸三のうえに針葉樹12mmを並べていき、屋根の凸凹をなくします。↑

 

  

防水シートを貼ります。↑

  

  

防水シートをきっちり貼ることで雨が降っても雨漏りすることはありません。

  

  

これで屋根の下地施工が完了です。

次から新しく屋根材を施工します。

  

  

ガルバリウム鋼板 タテヒラぶき施工

  

  

「タテヒラ」という屋根材を施工しました。↑

  

ガルバリウム鋼板は錆びにくい材料です。

メーカー保証もある優れもの!

コストパフォーマンスもよく、オススメ商品です。

  

  

笠木の施工

  

  

「笠木」という部分を施工。↑

  

台風により、笠木が飛んで無くなることはよくあるので、ビスでしっかりと固定します。

  

  

瓦棒屋根のカバー工事、タテヒラぶき施工

  

完了写真です。↑

  

これで雨漏りすることはありません。

  

雨漏り保証もあるのでご安心下さい。

私がしっかりとサポートします。

  

今回は「瓦棒屋根のカバー工法、ガルバリウム鋼板のタテヒラぶき」

施工実績となります。

  

こちらの記事が参考になれば幸いです。

  

このたびは工事のご依頼をいただき、誠にありがとうございます!

大阪府羽曳野市にて屋根カバー工法、ガルバリウム鋼板のタテヒラを施工

施工実績一覧に戻る

関連記事一覧