施工実績

奈良県生駒市 瓦屋根に板金の波板でカバー工事

 

Y’noT Worksノットワークス 代表の西田です。

 

今回の施工実績は奈良県生駒市で瓦屋根に板金の波板を施工させていただきました。

 

この工事の最大のメリット「工事コストを抑えられる」ことです。

  • 既存の瓦を屋根から下ろす職人手前をカット
  • 産廃処分費カット
  • 針葉樹による木下地の施工費用カット

上記の費用をカットできるため工事費用を抑えることができます。

 

しかし、デメリットもあります。

  • 下地調整ができないため、屋根の波打が目立つのでキレイに施工できない。
  • 屋根の骨組みが弱っていると施工不可(ビスでの固定できないから)

 

施工の見た目は気にしないから雨漏りをしっかり止めてほしい!!

見た目は気にしないから費用をとにかく抑えたい!!

こういったお客様向けの施工となります。

 

この記事が皆様の参考になっていただければ幸いです。

 

     

簡単なプロフィール
19歳から職人として修行し、建築歴は18年以上。
「雨漏り鑑定士」という有資格者。
携わってきた雨漏り修理件数は1000件以上。
奈良県香芝市に20年以上在住。

 

奈良県香芝市に拠点を置き、葛城市を含めた近畿一円にて建築板金業を営んでおります、Y’noT Works(ノットワークス)です。
修理や掃除を含む雨樋工事や雨漏り修理、屋根工事を手掛けております。
屋根に関するお仕事が大半ですので、屋根工事に関してはお任せください。
   

 

 

ガルバリウム鋼板 波板カバー工事の施工開始        

 

 

施工前の状態です。↑

既存の瓦を捲らず、瓦の上から木下地を取り付けます。

 

 

 

180mmの長いビスを「垂木」と呼ばれる屋根の骨組みに打ち込み、しっかりと固定します。↑

 

 

 

木下地の完成です。↑

 

屋根の骨組みに木下地をビスで固定。

次から板金の波板を施工となります。

 

 

板金の波板を瓦の上に施工し、棟瓦を板金で包みます。

 

波板を並べてビスで固定します。↑

         

                 

                           

棟瓦も板金で包みます。↑

 

                               

              

お隣との取り合い部分も施工して、工事完了となります。↑

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

瓦屋根に板金の波板施工、カバー工事

 

デメリット

  • 下地調整ができないため、屋根の波打が目立つのでキレイに施工できない。
  • 屋根の骨組みが弱っていると施工不可(ビスでの固定できないから)

 

メリット

  • 既存の瓦を屋根から下ろす職人手前をカット
  • 産廃処分費カット
  • 針葉樹による木下地の施工費用カット

こういった施工もできるため、気になられた方はご相談ください。

 

 

奈良県香芝市や葛城市を中心に近畿一円!屋根工事や雨漏り修理はノットワークスにご相談!

 

雨とい工事や修理、雨漏り修理、屋根工事を手掛けております。
屋根に関するお仕事が大半ですので、屋根工事に関してはお任せください。

その他にカーポート屋根や波板ポリカ、外壁塗装工事などなど。

  • お見積もり
  • 散水試験
  • その他ご相談

すべて無料!

お家のことでお困りでしたらノットワークスにお問合せ下さい。

LINEからのお問合せはコチラをクリック!

 

弊社は「無理な押し売り」や「お願い営業」、「しつこい営業」は一切しませんのでご安心下さい。

 

心よりお待ちしております。

 

このたびは工事のご依頼をいただき、誠にありがとうございます!

 

 

この記事も合わせて読みたい! 簡単に読みやすい!↓

屋根工事はクーリングオフできる?適用条件と注意点も知っておきましょう

地震対策に屋根は関係あるの? 地震大国である日本の家を守れ!

 

 

 

奈良県生駒市 瓦屋根に板金の波板でカバー工事

Y’noT Works(ノットワークス)

施工実績一覧に戻る

関連記事一覧