BLOG

雨漏りしやすい屋根の形ってあるの?

雨漏り

こんにちは!

 

今回のブログのテーマは雨漏りしやすい屋根の形はあるのか? ですが

結論を先にお伝えすると、雨漏りしやすい屋根の形はあります。

 

どういった形の屋根が雨漏りしやすいのか?

逆にどういった屋根は雨漏りしにくいのか?

について説明します。

参考にしていただければ幸いです。

 

 

簡単なプロフィール
19歳から職人として修行し、建築歴は18年以上。
「雨漏り鑑定士」という有資格者。
携わってきた雨漏り修理件数は1000件以上。
奈良県香芝市に20年以上在住。

 

奈良県香芝市に拠点を置き、葛城市を含めた近畿一円にて建築板金業を営んでおります、Y’noT Works(ノットワークス)です。
修理や掃除を含む雨樋工事や雨漏り修理、屋根工事を手掛けております。
屋根に関するお仕事が大半ですので、屋根工事に関してはお任せください。
本ブログでは、雨漏り修理の際に、お客様からご依頼を多数いただいている、Y’noT Works(ノットワークス)のご紹介をさせていただきます。
ぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

雨漏りしやすい屋根の形と雨漏りしにくい屋根の形

 

まずは雨漏りしやすい屋根の形から。

 

 

「片流れ」という屋根の形です。↑

築10年以内の雨漏りは片流れ屋根が80%を占めいているというデータもあり、雨漏りしやすい屋根といえます。

軒の出が無いとさらに雨漏りのリスクは高まります。

 

とくに水上側、屋根と外壁の取り合い部分に雨風が当たりやすいためしっかりとした防水対策が必要になります。

 

片流れ屋根のメリットは施工手間がかからないため、施工コストを抑えることが可能です。

 

 

 

では、もっとも雨漏りしくい屋根の形は?

 

 

「寄棟」という屋根の形です。↑

 

屋根の面が4面あり、外壁に雨が当たりにくいので雨漏りしにくい屋根となります。

軒の出があればさらに雨漏りしにくくなります。

 

しかし、施工手間や平米数が大きくなるため施工コストは高くなります。

 

「寄棟」についての記事はコチラ↓

屋根の形にはそれぞれメリット、デメリットがあるって知ってた?「寄棟編」

 

 

 

その他に、屋根から明かりを取るために設置する「天窓」「谷」という部分からも雨漏りしやすいです。

 

 

 

「天窓」

 

 

「谷」↑

 

 

 

その他の屋根の形

「切妻」という屋根の形です。↑

 

切妻も雨漏りしにくい屋根です。

ごく一般的な屋根の形で施工手間もかからないため非常にバランスの取れた形です。

 

「切妻」についての記事はコチラ↓

屋根の形にはそれぞれメリットとデメリットがあるって知ってた?「切妻編」

 

 

 

 

 

「方形」という屋根の形です。↑

 

「寄棟」に似てて、軒の出があればさらに雨漏りしにくい屋根です。

寺院などに多く見られ、頂点部分に飾りをつけていたりします。

 

 

 

 

 

「越屋根」という屋根の形です。↑

「切妻」に「切妻」が乗っかっているような屋根。

特徴としては、小さな屋根を設けることで立ち上がり部分に彩光窓を設置できます。

そうすることで住居内に彩光を取り込めるのです。

 

その他、通気孔を高い位置に設置することで、効率よく換気することが可能。

 

 

 

 

「バタフライ屋根」という屋根の形です。↑

 

名前のとおり、蝶の羽が広げたような形となっており、なかなか見ない形状と思います。

真ん中に雨水が流れるようになっており、真ん中に雨樋を設置して外に排水します。

メリットとしてはソーラーパネルが設置しやすいこと。

あとはデザインがとても個性的なためオシャレなお家です。

 

デメリットは雨漏りしやすい形状です。

屋根の真ん中に雨水が集まるため、雨樋にゴミや泥が詰まると雨水が溢れてお家の中に浸水します。

ですので定期的なメンテナンスは必須になります。

 

 

 

「陸屋根」という屋根の形です。↑

 

フラットな屋根の形になっています。

メリットは、屋上として活用ができます。

また、三角屋根とくらべてメンテナンスが簡単です。

リフォームや手直しするにしても仮設足場を設置しなくても済む場合もあります。

そして、建築スペースを広く確保することもできるのも魅力的かと思います。

 

デメリットは雨漏りしやすいです。

フラットだからこそ水はけが悪く、きっちり防水処理をおこなわないと雨漏りする可能性は高いです。

また、ロフトや屋根裏といったスペースが確保できないためちょっとした居住空間を楽しみたい場合は活用できないと思います。

 

 

まとめ

 

いかかでしたか?

一言で「屋根」といっても屋根にはたくさんの種類があり、ここではご紹介できていない屋根はまだまだいっぱいあります。

「下屋根」といって1階にある屋根にもさまざまな形状があったり、増改築で取り付ける屋根もあります。

 

このように、たくさん種類のある屋根に対してすべて完璧に対応していくのが「一流の職人」です。

 

私が思う「一流の職人」とは技術もさることながら、「自分の感情に負けない人」だと思っています。

「雨漏りさせない。仕上がりが綺麗」は当たり前で、限られた予算と時間内で手を抜かず一軒一軒のお客様を大切にできるか。

ここだと私は思っています。

 

私は「一流」は通過点として「超一流」を目指して日々精進します。^_^

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ!↓

雨漏り修理で選ばれるY’noT Worksのご紹介

雨漏り修理業者に騙される人と騙されない人。その違いはなに?

 

 

Y’noT Works(ノットワークス)は奈良県香芝市を中心に近隣の葛城市や近畿一円で活動をしています。

屋根工事、屋根カバー工事や屋根葺き替え工事。外壁工事、雨漏り修理工事、

雨とい工事や外壁塗装工事、カーポートやテラスのポリカ工事などなど。

お家のことでお困りでしたら是非、お問合せ下さい。

 

LINEからのお問い合わせはこちらをクリック☆

 

弊社は「無理な押し売り」や「お願い営業」、「しつこい営業」は一切しませんのでご安心下さい。

 

最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根工事・雨漏り修理は奈良県香芝市の『Y’noT Works』へ
Y’noT Works
〒639-0232
奈良県香芝市下田東1丁目490-6
TEL:090-7880-7991 FAX:0742-90-0159

関連記事一覧